開店祝いの花の贈り方

開店祝いで花を贈る場合のマナーや贈り方を解説しています。取引先や友人が新規開店した場合はきっちりとマナーを守って花を贈るようにしましょう。花のマナーを間違えると失礼に当たりますので注意が必要です。

このサイトでは開店祝いの花の贈り方のマナーや私がいつも使っているおすすめの花屋さんを紹介しています。私のいつも使っている花屋さんも紹介していますので、間違いなくきっちりと贈れます。

開店祝いの花といえば胡蝶蘭

ピンクの胡蝶蘭の画像 紅白の胡蝶蘭の画像 白い胡蝶蘭の画像 白い胡蝶蘭の画像2 紅白の胡蝶蘭の画像2 ピンクの胡蝶蘭の画像2

上の画像のような花が胡蝶蘭です。一度もお祝いを贈ったことが無い人でも、見たことはあるんじゃないでしょうか?これが開店祝いの定番の花である胡蝶蘭です。開店祝いに花を贈れと上司に言われたり、贈る必要ができた時は、これを贈りましょう。

色が色々ありますが、何色がいいんですか?

胡蝶蘭には白、ピンク、紅白(白ピンク)があります。特に何色じゃないとダメといったことはありません。白とピンクは紅白をイメージしており、お祝いごとによく使われるカラーです。基本的にどちらでもかまいませんが、困った場合は白を贈るとよいでしょう。白は好き嫌いもあまり無く、定番のカラーです。

3本立ちとか5本立ちとかありますが、どれがいいの?

胡蝶蘭には3本立ちと5本立ちなどがあります。これは立ってる花が3本なのか5本なのかを表しています。基本的にはどちらでもかまいません。どちらかというと、つぼみを含めた花の数(リンといいます)が重要です。

例えば60リンと言えば60個の花やつぼみがあるということですね。これがあまり少なくならないような胡蝶蘭を選びましょう。具体的に言うと、3万円以上の胡蝶蘭がおすすめです。じゃないとせっかくの胡蝶蘭が、ボリューム不足で貧相に見えてしまいます。こちらのメンツもありますので、それぐらいの花は用意しましょう。

おすすめの花屋さんはどこですか?

存在感抜群の花「胡蝶蘭」の販売店『PREMIER GARDEN』

上記の花屋さんがおすすめです。私もいつも利用させてもらっています。注文する場合の注意点ですが、備考欄に「開店祝いのお花です。」という風に書いておくと、立て札などきっちりと開店祝い用にしてくれますので、一言書いておくことをおすすめします。

このページの先頭へ