開店祝いの品物を送るマナー

熨斗書きなどについて

開店祝いを贈る際にも熨斗は必要になります。お金を包む際にも水引が必要なので、この場合には紅白の蝶結びを使うようにして下さい。そして、熨斗の表書きはどのようにするかというと、「祝ご開店」「祝御開業」「ご開店お祝い」などの他に、シンプルに「お祝い」でも構いませんね。

品物で贈る際にも熨斗はあった方が良いのでこれらの文言を使用します。また、熨斗の他に贈り物にはメッセージカードを添えて一言書いておくのも喜ばれるでしょう。

お花にしても品物にしても、使用用途を聞かれますので、開店祝いの贈り物だということを伝えておけば最適な熨斗の文言をセレクトしてくれますので、お任せしても大丈夫ですよ。

印刷するタイプと手書きがありますが、今ではどちらも一般的になっているので、特に区別して使用する必要はありません。メッセージカードについては、気持ちの伝わる内容にすると、お祝いの気持ちを表現できますね。もちろんメッセージは無理につけなくてもかまいません。

到着のタイミング

開店祝いの到着に関しては、オープンの当日、もしくはパーティーなどの催しがあるのでしたらその前には到着するように手配して下さい。品物に関しては、受け取る方の希望を聞いておいた方が無難ですね。

当日に先方が多忙になることが予測されますので、お花以外の場合で、現金やそのほかの品物については前日の到着が理想的です。受け取りをするのも手間がかかりますので、お邪魔にならないようにすることも配慮していきます。

あまり早すぎても行けませんし、当日を過ぎて到着するのは非常に失礼に当たりますので、そのようなことをしないように注意はしていきましょう。オープン時間のタイミングで贈ると喜ばれるのがお花になりますので、サプライズ的に手配するのもアイデアですね。

そういった場合にはちょっと豪華な胡蝶蘭を使用するのも、受け取る側にとっては嬉しいものですよ。品物に関しては、その場で開くことはあまりないので、事前に贈っておくと言うことなのです。

花は当日、品物は前日までというのが基本になるでしょう。

開店祝いの花の贈り方とマナー

このページの先頭へ