開店祝いが遅れた場合の対処

開店祝いに遅れることのないように

開店祝いというのは、やはりお知らせを頂いた段階ですぐに手配をして、適切な時期に到着するのが望ましいですね。遅れて先方に届くというのは、マナーとしても失礼に当たりますし、どことなく縁起が悪い印象を持ってしまいがちです。受け取る側にしても、ないがしろにされた気分にもなってしまうでしょう。

基本的なタイミングとしては、開店当日の午前中がタイムリミットだと思って手配忘れのないようにしたいものです。しかし、どうしても都合がつかずに遅れてしまうケースも考えられます。致し方ない状況のこともありますので、その場合にはフォローをしっかり出来る様にしておきましょう。

今後の良好な関係性を保って行くのにも、当然のマナーとしても、実践していくと良いですね。ただし、多忙のあまりに忘れていたなどというようなことのないように心がけていきましょう。やはり、先方としては念願のお店を構えたということですし、一生のうちに何度もあることではないので、きちんと対応したいですね。

万が一タイミングを逃した時には

開店祝いを送るタイミングを逃してしまうことは全くないとはいえませんね。手配ミスや様々な原因があるでしょうが、それはこちらの都合になりますので、先方には関係のないことです。

信頼関係を損なうことのないように、遅延のお詫びを申し伝えて、遅ればせながらお祝いを手配したので受け取って欲しいという内容のことは、書面でも対面でもしっかりと伝えておくと良いですね。

友人や知人の場合ですとある程度の理解も得られますが、先方がお取引先の場合には責任者からのお詫びをするのが適切でしょう。担当者のレベルで対応してしまわないように注意が必要です。お取引先との関係性にもよりますが、これからのお付き合いもあるでしょうから、しこりの残らない形に持っていくような努力をしていくことが求められます。

また、慌てたばかりにお祝いとして適さないものを用意してしまってはさらに失礼をしてしまうので、慎重に選択して行くと良いですね。

開店祝いの花の贈り方とマナー

このページの先頭へ