開店祝いに適している贈り物

贈り物は花がおすすめ

開店祝いの相場に関してですが、お花を贈る場合には20,000円以上のものが目安となります。10,000円以下のものにしてしまうと見劣りもしますし、立場を置き換えて受け取る側になってみれば、少々、貧相にも感じるのではないでしょうか。

現金でのお祝いの場合には、平均的には20,000円強となっています。ただし、知人ですと5,000円から10,000万円程度、友人ですと10,000円から30,000円程度、親戚などの身内で20,000円から50,000円程度となっています。お取引先ですと30,000円程度ですね。

その中でも特にお世話になっている先方の場合については、30,000円から100,000円程度は用意したいところです。関係性によって現金の金額は変動しますので、十分に配慮して贈るようにして下さい。

花だと相応のものが必要ですし、観葉植物の様なものであれば、相場よりは少し低めになっても問題はないですね。お取引先の場合については、今後の関係性もありますので、失礼のない金額とした方が良いので、上限に近い金額設定が望ましいでしょう。

取引先の場合、どちらかというと現金は少ないですね。花をおすすめします。その場合は4万円以上の胡蝶蘭がおすすめです。

開店祝いで喜ばれるもの

開店祝いをお花として贈る場合には、送り先が飲食店の場合は注意が必要です。香りの強すぎるものについては、お店では邪魔になってしまうこともあります。

これは、料理の香りをわかりにくくしてしまうことから好まれないとも言われていますね。適しているのは、高級感もあり花言葉でも「幸せがが飛んでくる」となっている胡蝶蘭でしょう。

また、観葉植物は香りもありませんし、手入れが楽だということもありますので、これもありです。置物としては、招き猫などが縁起が良く、商売繁盛ということで贈るのも良いですね。

意外なところでは鏡を贈るのも良いとされています。これも風水の関係にはなりますが、キレイにして使用していけば人を招くと言われていますね。八角形の鏡が良いそうですよ。

開店祝いのセレモニーがあるのであれば、その際に必要となるお酒や食べ物を持参するのも良いでしょう。もし贈り物に何を贈るのか迷った場合は胡蝶蘭を贈れば間違いはありません。おすすめです。

開店祝いの花の贈り方とマナー

このページの先頭へ