開店祝いのタイミング

新しい門出にお祝いを

新しく出発する開店に関しては、何年もかけて用意をしてきたでしょうし、開店されるご本人の努力の積み重ねもあったことでしょう。

そういった苦労の中で、開店にこぎつけたという状態もあるでしょうから、開店祝いは素晴らしいものにしたいところです。

最近では、コンセプトにこだわって手作り感のあるお店を出す方も多くいらっしゃいますので、寝る間を惜しんで開店準備をしているものだそうですよ。

飲食店にしてもその他の業種にしても、このご時世に開店をすると言うのは大変なことでもあります。気持ちよく祝ってあげたいと思うのは、関係者であれば当然かも知れませんね。

そこで、開店祝いに適した対応について学んでおくのも良いのではないでしょうか。失礼のないように、そして最高のプレゼントになるような開店祝いをするのが理想的です。タイミングや贈る品物など、相場や適しているものを把握して、盛大にお祝いをして上げたいものです。

どのタイミングで送るの?

開店をする場合は、オープニングにあたって必ずお知らせが来ると思います。では開店祝いはどのタイミングにて贈るのが最適なのでしょう。

まず、開店のお知らせを受けた場合には、書面で直ぐにお祝いの返信を行います。お祝いを金品として送る場合は、開店前日には到着するのが望ましいでしょう。

開店の当日には、来客の応対や開店準備の仕上げに忙しくなることが予測出来ますので、多忙な中に受け取りをしなければいけない状況を作らないのが思いやりでもあります。

お花の場合に関しては当日に到着する方が良い場合もありますので、贈るものによってもタイミングが異なりますね。ちなみに現金でのお祝いをするのであれば、当日では遅いので、お祝いの書面と同じタイミングの方が良いと思います。

どのようなものの場合でも、持参する場合に関しては当日でも問題はないと思います。こちらの都合ではなく、先方の予定を考慮して贈るのが良いのではないでしょうか。

そして相場を確認して贈らなくては、逆に先方にお気遣いいただくことになってしまうので注意していきましょう。

開店祝いの花の贈り方とマナー

このページの先頭へ